6. 質問の中に価値観の言葉を入れない

6. 質問の中に価値観の言葉を入れない

ここにこのようなアンケートの設問があります。

質問
月例の戦略会議でのグループミーティングで、参加者同士で自由に討議していますか?
□自由  □やや自由  □あまり自由ではない  □自由ではない

皆さんは、この設問のどこに改善ポイントがあると思いますか?

ズバリそれは“自由”という言葉です。
この例だとアンケート作成者が 「自由にセッションすべきである」 という価値観を持っているということが、質問で分かってしまうからです。

回答者というのは、質問文から“質問者の意図するところは、何だろうか?”と読み取ろうとするものです。

このような質問文だと回答者は、
「“自由に”ってどういう意味なんだろ?」
「あえてこういう質問をするということは、今は自由にセッションされていないのかな?質問者は私にどういう意見を聞きたいんだろ?これを聞いてどうするつもりなのかな?」
などと、“自由”という言葉にひきつけられ、回答者は様々な事を考えてしまいます。

ですので、
“質問者の意図を感じさせる言葉=質問者の価値観を感じさせる言葉”
を、入れないように十分気をつけなければいけません。

改善方法のポイントは次の二つです。

1.質問に価値観を感じさせる言葉は入れない
2.価値観を感じさせる言葉は“選択肢”に入れる

冒頭の例であげた設問であれば、下記のように改善できます。

改善例
質問:月例の戦略会議でのグループミーティングで、参加者同士
では、どのような雰囲気で討議が行われていますか?
□自由・活発に討議している
□立場に遠慮しながら討議している

このように選択肢の一つに、価値観を感じさせる言葉を入れればいいのです。
こうすることで、回答者は「自由」という言葉にひきつけられることなく、自分の答えを素直に、選択肢の一つから選んで回答できますので、自然な答えが引き出すことが出来ます。